うすい鑑定WEBへようこそ

うすい鑑定WEBは、大阪市北浜のレトロビル(伏見ビル)に事務所を置く(株)碓井不動産鑑定士事務所のウェブサイトです。

弊社で提供しているサービス・弊社が関連しているサービスの紹介の他、不動産に関して有益な情報を発信しているサイトの紹介等も行い、不動産情報のハブ的サイトを目指して運営しております。

(株)碓井不動産鑑定士事務所について

株式会社碓井不動産鑑定士事務所は、平成18年に設立し、主として大阪府下を営業エリアとして活動している不動産鑑定事務所です。

クライアント様は、裁判所等の公的機関・税理士等の士業様・金融機関様・法人様・個人様と多岐に渡っておりますが、近時は訴訟関連評価や税務関連評価の割合が増加してきております。

10年を超えて業務を行う中で、我々は、必ずしも不動産鑑定評価書を発行させていただく事が、依頼者様の利益最大化に繋がるものではないことを強く認識しました。

そして、『鑑定評価書の発行』に拘るのではなく、『依頼者様の問題解決のためのベストな方法論を提案させていただく事』を最優先として業務を行うべきという結論に達しました。

これを実現するため、信頼できる各種専門家と堅固なネットワークを構築し、またサービスメニューに関しても、既存のもののほかオーダーメイド的なものにも対応させていただいております。

大阪府下の不動産の価格・賃料等でなにかお困りの際は、お気軽に弊社までお問合せください。

サイトマップ

当ウェブサイトは、様々な内容を網羅することから、メニュー等では情報を探しにくくなっているかと存じます。

そこで、サイトマップを用意させていただいておりますので、情報検索にはこちらもご活用ください。

⇒サイトマップへ

お問い合わせ

携帯も利用可なフリーダイヤルを用意させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付時間は、土・日・祝日を除く9:30 – 18:30となります。
メールでのお問合せはinfo@usui-rea.com(受付は365日・24時間)まで。

What’s new!

平成30年8月4日

弊社代表者が、賃料改定領域に特に造詣の深い鑑定士2人と賃料改定.comというサイトを立ち上げました。

大阪圏の継続賃料(賃料改定)について情報発信して参ります。

平成30年8月1日

弊社代表者が、元同僚の不動産鑑定士(5人)と共同で発行するWEBマガジン「レポコラ」8月号(第44号)を発行しました。

民法改正の中の不動産関係部分を概観したコラムがございます。

⇒レポコラ8月号(44号)へ

尚、ご一読いただいて興味を持っていただけましたら、以下のページより購読できます(毎月1回・1日発行です)。

もちろん購読無料ですので、よろしければ是非。

⇒レポコラ登録フォームへ

 

平成30年7月20日

弊社代表者が、不動産仲介業者様を対象とするセミナーで、継続賃料(賃料増額・賃料減額)に関する講義を行いました。

大阪における家賃増額請求・地代増額請求時の注意点(2018.8現在)

平成30年度の固定資産税評価替えで、特に都心部において土地の固定資産税評価額が上昇しています。 この中で、弊社においても、地代・家賃の増額請求に関わらせていただくことが多くなってきました。 ただ、賃料(地代・家賃)の増額請求というのは、訴訟等においては、「『直近の合意時点』が何時で、そこからどのような経済事象の変動があったのか?」という観点からその当否が決定されるのが一般です。

続きを読む

市区町村ごとの特性を知るのに有効なHP

我々は鑑定士ですので、普段鑑定を行う中で、いろんな市区町村に赴き、資料を集め...という事をする中で、関西圏の主要都市についてはその性格等が頭に入っています。 とはいえ、地方都市に始めていく際など、まずはその市区町村がどんな特性を有するのか、ザックリつかみたくなります。 また、昨今は市区町村ごとに行政サービスが違ってきているという状況が有り、『住む街選び』などでは複数の市区町村データを

続きを読む

地価公示・地価調査情報検索に「rpamap」と「あなまちランキング」

土地価格を把握する指標となる定点観測調査である国土交通省の「地価公示」・都道府県の「地価調査」。 その情報に関しては、国土交通省の土地総合システムから検索できるのですが、正直「ちょっと検索しにくいな...」というのが本当のところです。 こんな中で、これらの情報を独自にまとめたサイトがいろいろ有るわけですが、私は主に以下の2つを使っています。 地図との連携はrpamap まずは、地図

続きを読む

J-REIT売買物件の情報検索にJ-REIT.NET

昨今の鑑定業界においては収益不動産の評価が大部分を占めますので、不動産鑑定士としては、収益物件の市況や取引利回り(収入/取引価格)について、常にアンテナを張っておく必要があります。 そんな中で、情報開示が徹底しているJ-REITの情報は、非常に貴重な情報源になるわけですが、これを鑑定士的に使いやすい形で横断検索できるサービスは、実はあまり多くありません。 有料のサービスであれば、使い勝

続きを読む