地価公示・地価調査情報検索に「rpamap」と「あなまちランキング」

土地価格を把握する指標となる定点観測調査である国土交通省の「地価公示」・都道府県の「地価調査」。

その情報に関しては、国土交通省の土地総合システムから検索できるのですが、正直「ちょっと検索しにくいな…」というのが本当のところです。

こんな中で、これらの情報を独自にまとめたサイトがいろいろ有るわけですが、私は主に以下の2つを使っています。

地図との連携はrpamap

まずは、地図検索の中で地価公示・地価調査情報を見たい場合には、rpamap.jpというサイトが便利です。

このサイトの運営者は私の友人で、仕様決定には私もずいぶん意見を出しているのですが、直観的な使いやすさ・ストリートビューの使いやすさ・駅距離や面積測定機能・相続税路線価を表示する全国地価マップへの連携等々、特に不動産関連業者の人間にとって非常に使いやすいものになっています。

ほぼほぼ毎日使ってますし、このサイトがなかったら鑑定の作業やるのがつらいレベルです。無料で使えるサイトですので是非ご活用ください。

⇒rpamao.jpへ

なお、モバイル用途では、(公社)大阪府不動産鑑定士協会が作成したモバイルアプリ鑑定の友も便利です。

rpamapの機能縮小版的な要素のあるアプリですが、GPS機能による現在位置の取得等のモバイルならではの機能も盛り込まれていて、便利に使えます。こちらも無料ですので、ぜひ。

⇒「鑑定の友」詳細へ

公示・調査データベース検索にはあなまちランキング

rpamapは、地図ベースでの情報検索には非常に強いのですが、データベース検索的な用途に関しては、「もうちょっと頑張ってほしい」感がある点は否めません。

この辺りをうまく補ってくれるのが、あなまちランキングというサイトです。

こちらは、(私の存じあげない)鑑定士さん有志の方が運営している無料サイトなのですが、特定エリアにおける価格変動率上位・価格マイナス変動率上位・価格上位・価格下位などが簡単に抽出出来て、地価公示・地価調査の傾向分析等に非常に便利です。

新聞発表等では、目立った地点の解説しかない中で、地方の都道府県で、特に変動率の大きかった所を見たりするが非常に簡単なので、いつも活用させていただいています。

⇒あなまちランキングへ

この記事のまとめ

この記事では、地価公示・地価調査の情報検索サイトとして、地図連動型のrpamap.jp(とモバイルアプリの鑑定の友)・データベース型のあなまちランキングを紹介させていただきました。

もちろん有料サイトまで見ていけば、より便利なサイトもあるかもしれないわけですが、これらを併用していけば、少なくとも業務の中で不自由は感じないレベルで地価公示・地価調査情報の検索ができると思います。

いずれも無料ですので、未体験の方は、ぜひぜひご活用ください。

 

 

コメントを残す