AIマンション価格査定システム「ふじたろう」に負けちゃうかも…と思った私

最近、各所でAIの話が話題になっていますが、我々鑑定業界でも「AIを使った査定で仕事が無くなるのでは?」なんて話が出たりしています。

私自身、こういったものにも興味が有るので、開業以来、色々なシステムを試してみたりしてたんですが、正直当初はもう一つ…な感じでした。

ただ、ここ数年で劇的に精度が上がってくるとともに、その種のシステムも多数提供されるようになって来ました。

聴いた話では、AIのエンジンが市場に開放された時期に当たるそうですし、ビッグデータの蓄積も進んできたのが原因なんじゃないかな?と思いますね。

そんな中で、色んなシステムで遊んでみて、初めて自分も脅威を感じたのが「ふじたろう」という無料査定システムでした。

ふじたろうとは?

ふじたろうは、プロパティエージェント株式会社が提供する、分譲マンション価格の無料査定サイトです。

単にその時点の推定価格が表示されるだけではなく、エリアの取引量・取引価格がヒートマップで表示されたり、価格に関しても推定価格・推定賃料・当該数字の実際取引価格とのかい離可能性が示されたりと情報豊富です。

また、システムとしては、「これなら売却したい」と思ったら、仲介業者にすぐに連絡を取れるようになっていたりして、素晴らしく作り込まれています。

それだけでなく、実際にはじいてくる査定値も、何度か使いましたが、自分がやったのと変わらないというか、かなりリアリティが有るというか…「これなら自分が時間をかけてやらなくてもええんちゃうかな?」と思わせるものでした。

⇒ ふじたろうの公式サイトへ

不動産鑑定士はAIに駆逐されるのか?

勿論、ふじたろう以外にも、いろんな優れたAI査定システムが出てきていることは容易に想像がつきます(そういうのを調べてばかりだと仕事にならないので、やってませんが…)。

この中で、「もう鑑定士はいらなくなるの?」という話なんかも、当然出てきます。

ただ、個人的には、完全には駆逐されないかな?って思っています。

その理由は、更地や分譲マンション評価は、ファクターが少ないのでAI評価に馴染みますが、訴訟における鑑定(特に継続賃料評価)や、税務関連評価では、ややこしいことが多すぎてAIでのシステム評価を行い難い点にあります。

ただ、これを逆にいうと、更地評価である地価公示・地価調査等の公的評価や、分譲マンションの担保評価等も、鑑定士が不要という時代は、遠くない未来にやってくるんじゃないか?という帰結に繋がります。

まあ、どこの分野でも「仕事がAIに取って代わられる」という話はあるわけで、それに取って代わられない領域に仕事をシフトする必要があるわけですが…時代の変化はあってしかるべきなので、変化を先読みしつつ頑張らんとですね。

※そんなこんなで弊社では、訴訟鑑定・特に継続賃料鑑定に比重をかけております。こちらの分野で何かございましたら、ぜひご相談ください。

 

コメントを残す