43条但書許可制度の廃止と43条2項1号・2号の新設

「建築基準法上の道路への2m以上の接道」を有しない土地(旧の43条本文・現在の43条1項により建物建築が出来ません)に建築を許可する例外規定であった43条但書。

これが、平成30年9月25日より位置づけが変更になりました。

ちょっとややこしいので、これをまとめておきたいと思います。

建築基準法第43条(改正後)

第1項 建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第四十四条第一項を除き、以下同じ。)に二メートル以上接しなければならない。

一・二  (略)

第2項 前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する建築物については、適用しない。

一 その敷地が幅員四メートル以上の道(道路に該当するものを除き、避難及び通行の安全上必要な国土交通省で定める基準に適合するものに限る。)に二メートル以上接する建築物のうち、利用者が少数であるものとしてその用途及び規模に関し国土交通省令で定める基準に適合するもので、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるもの

二 その敷地の周囲に広い空地を有する建築物その他の国土交通省令で定める基準に適合する建築物で、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可したもの

旧43条但書⇒43条2項2号に

まず、旧の43条但書が無くなり、この内容が43条2項2号になりました。

条文の変更だけで内容は変わりがないのですが、市役所の方もついつい「43条但書」などと言ってしまう場合も有るようなので、物件調査の際には気を付けておく必要が有ります。

関連する建築基準法施行規則も以下に挙げておきます。

建築基準法施行規則第10条の3

第4項 法第四十三条第二項第二号の国土交通省令で定める基準は、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

一 その敷地の周囲に公園、緑地、広場等広い空地を有する建築物であること
二 その敷地が農道その他これに類する公共の用に供する道(幅員四メートル以上のものに限る。)に二メートル以上接する建築物であること。
三 その敷地が、その建築物の用途、規模、位置及び構造に応じ、避難及び通行の安全等の目的を達するために十分な幅員を有する道路であって、道路に通ずるものに有効に接する建築物であること。

43条2項1号の新設

旧43条但書・現43条2項2号が、建設審査会の同意を得て、特定行政庁が『許可』するものでしたが、建設審査会の同意なしに、特定行政庁が『認定』する43条2項1号が新設されました。

従前許可だったものの内容の一部が、『認定』になるイメージですね。

こちらも関連する建築基準法施行規則も以下に挙げておきます。

建築基準法施行規則第10条の3

第1項 法第四十三条第二項第一号の国土交通省令で定める基準は、次の各号のいずれかに掲げるものとする。

一 農道その他これに類する公共の用に供する道であること。
二 令第百四十四条の四第一項各号に掲げる基準に適合する道であること。

第3項 法第四十三条第二項第一号の国土交通省令で定める建築物の用途及び規模に関する基準は、延べ面積(同一敷地内に二以上の建築物がある場合にあっては、その延べ面積の合計)が二百平方メートル以内の一戸建ての住宅であることとする。

コメントを残す