平成9年以前の月例経済報告

一般的要因の分析で活用する方も多いと思われる月例経済報告ですが、内閣府のホームページでは平成10年以降のものしか掲載されていません。 これ以前のものの入手法について問い合わせましたところ、経済社会総合研究所のページに1980年(昭和55年)から掲載されています。 そちらのページへのリンクも張っておきますので、ご活用ください。 ⇒ 経済社会総合研究所 月例経済報告一覧

続きを読む

地代評価における基礎価格(更地か底地か)についての争い

地代評価において、積算地代導出の際の基礎価格を『更地』とすべきか『底地』とすべきかの論争がある。 基礎価格を『底地』とする見解はバブル期の都心部を中心に主張されていた見解であり、関西圏においては下火になってしまった感があるが、現下においても東京都心部の継続賃料評価においては一般的な見解との事である。 また、公益社団法人日本不動産鑑定士協会連合会編集・発行の第14回実務修習・指導要領テキ

続きを読む

J-REIT売買物件の情報検索にJ-REIT.NET

昨今の鑑定業界においては収益不動産の評価が大部分を占めますので、不動産鑑定士としては、収益物件の市況や取引利回り(収入/取引価格)について、常にアンテナを張っておく必要があります。 そんな中で、情報開示が徹底しているJ-REITの情報は、非常に貴重な情報源になるわけですが、これを鑑定士的に使いやすい形で横断検索できるサービスは、実はあまり多くありません。 有料のサービスであれば、使い勝

続きを読む

令和2年地価調査の概要解説(大阪市内商業地・住宅地)

2020年9月29日に発表された、令和2年地価調査(令和2年7月1日時点価格)についての解説動画を作成しました。 大阪市内中心エリアの商業地・住宅地の最高価格地点を中心とした解説ですが、地価調査の特性・分析のやり方・今後の予想等につきましては、エリアに関係なく使っていただけると思います。 15分程度の動画ですので、よろしければお暇な際にでもご視聴いただけましたら幸いです。

続きを読む

大阪都心部賃料減額請求対応マニュアル(2020.8.12更新版)

8月に入りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大はさらに広がりを見せ、収束の兆しが感じられない状況にあります。 ⇒NHK新型コロナウイルス特設サイト(感染者数) ※感染者数だけでなく重症者数の推移もグラフ化されていて分かりやすいです。 不動産の家賃減額交渉に関してみると、前月と大きく対応を変えるところは余りないのが現状ではありますが、各種発表データにコロナの影響が顕在化してきた感があ

続きを読む

継続賃料評価における賃料の前払い的性格の一時金にかかる諸問題(3)礼金の運用利回りを各時点で変更すべきか?

継続賃料評価における賃料の前払い的性格の一時金にかかる諸問題の3回目として、礼金の運用利回りを各時点で変更すべきか?について考察してみたいと思います。 前提:敷金の運用利回りを各時点で変更すべきか? まずこの論点の前提として、よりシンプルな敷金の運用利回りを各時点で変更すべきか?について概観しておきます。 こちらに関しては、地裁レベルですが「変更すべし」とする判例が有りますし、物件オーナ

続きを読む

継続賃料評価における賃料の前払い的性格の一時金にかかる諸問題(2)礼金の償却期間

継続賃料評価における賃料の前払い的性格の一時金にかかる諸問題の2回目として、礼金の償却期間設定について考察してみたいと思います。 礼金の償却期間についての問題点と実務的に一般的な取り扱い 礼金の償却期間設定の問題点は、前回コラム(⇒(1)総論)で書かせていただいた通りですが、概略を申しますと、複数地点で賃料を検討する必要がある継続賃料では、償却期間の設定次第で、 直近合意時点で運用益

続きを読む

継続賃料評価における賃料の前払い的性格の一時金にかかる諸問題(1)総論

以前のコラムで、継続賃料評価における預り金的性格の一時金の運用利回りについてまとめましたが、今回以降、賃料の前払い的性格の一時金の取り扱いについてまとめてみたいと思います。 預り金的性格の一時金については、問題になるのは運用利回りのみですが、賃料の前払い的性格の一時金については、鑑定実務上も未解決な問題を多く残しています。 そこで、今回の記事では、この種の一時金として最も代表的と言える

続きを読む

保護中: 大阪都心部賃料減額請求対応マニュアル(2020.7.14更新版)

早いもので日本初の新型コロナウイルス感染者の発見(R2.1.16)から半年・大阪での非常事態宣言の発令(R2.4.7)から3ヶ月が経ちました。 一時は、理由は定かではないもののコロナ新規感染を上手く抑え込めた感が有りましたが、最近は重症化に至る人は少ないとはいうものの感染者は増大しており、特に東京では7/7以降連続して新規感染者100人越・7/9より4日間は連続200人越えになっています。

続きを読む

心斎橋筋商店街の賃料水準を概観(2020.7.15改訂)

大阪の商業地域の中で、最もインバウンドの影響=新型コロナウイルス蔓延の影響が大きい地域が心斎橋エリアと言えます。 弊社でも地代増額・家賃増額・家賃減額・立退き・売買・共有物分割・借地条件変更等で関わらせて頂いている(現在進行中も含む)エリアですので、その動向は気にかけている所です。 この中で今回、CBRE発行の店舗賃料相場データを時系列的に並べ、各種の要因と統合してみたところ、興味深い

続きを読む