このカテゴリーのコンテンツには、パスワードロックをかけさせていただいておりますが、以下のフォームよりアドレス・お名前をご登録いただきますと、直ぐにパスワードをお送りさせていただきます。
また、ご登録いただいた方には、更新情報のほか、トピック的な情報もメルマガ形式で配信させていただきます。


賃料減額対応マニュアル
姓名必須 (姓)  (名)
メールアドレス 必須



大阪都心部賃料減額請求対応マニュアル(2020.8.12更新版)

8月に入りましたが、新型コロナウイルスの感染拡大はさらに広がりを見せ、収束の兆しが感じられない状況にあります。 ⇒NHK新型コロナウイルス特設サイト(感染者数) ※感染者数だけでなく重症者数の推移もグラフ化されていて分かりやすいです。 不動産の家賃減額交渉に関してみると、前月と大きく対応を変えるところは余りないのが現状ではありますが、各種発表データにコロナの影響が顕在化してきた感があ

続きを読む

保護中: 大阪都心部賃料減額請求対応マニュアル(2020.7.14更新版)

早いもので日本初の新型コロナウイルス感染者の発見(R2.1.16)から半年・大阪での非常事態宣言の発令(R2.4.7)から3ヶ月が経ちました。 一時は、理由は定かではないもののコロナ新規感染を上手く抑え込めた感が有りましたが、最近は重症化に至る人は少ないとはいうものの感染者は増大しており、特に東京では7/7以降連続して新規感染者100人越・7/9より4日間は連続200人越えになっています。

続きを読む

保護中: 大阪都心部賃料減額請求対応マニュアル(2020.6.18更新版)

この記事を読んでいただいている皆様は、2020.5.8時点での賃料減額請求対応マニュアルを読んでいただいている(もしくは読んでいただける)方ですので、前回からの差異を中心に書かせていただきます。 減額請求に対する基本的な方向性に変化は有りませんが、トピック的なこと・物件の種類ごとの状況等見ていきたいと思います。 前回記事へのリンクは、記事中の外、末尾にまとめて張らせていただいてます

続きを読む

保護中: 大阪都心部住居系物件の賃料減額対応(2020.5.8現在)

大阪都心部住居系物件に関するニュース等 緊急事態宣言が長期化する中で、住居系物件の賃料関連に関するニュースも、様々なものが出てくるようになって来ています。 グローバル賃貸保証、解散 賃貸で広がる家賃負担軽減、大東建託など 居住用の家賃滞納リスク、徐々に顕在化 同時に好況による家賃支援も、要件緩和等も行われる一方で、相談窓口がさばききれなくなってきている状況も出てきてい

続きを読む

保護中: 大阪都心部オフィスの賃料減額対応(2020.5.8現在)

大阪都心部オフィスに関するニュース等 大阪都心部のオフィスマーケットに関しては、報道の中でもむしろ好調です(⇒オフィス賃料動向の記事)。 三鬼商事株式会社のオフィスデータより、2019年3月~2020年4月の大阪ビジネス地区・梅田地区の賃料及び空室率をまとめたものが以下のグラフですが、このデータを見ても対前月データでもほぼ横ばいであり、空室率も2.0%と低位に留まっています。 収

続きを読む

保護中: 大阪都心部店舗の賃料減額対応(2020.5.7現在)

大阪都心部店舗に関連するニュース等 大阪都心部の店舗に関しては、経済事象の変更を認めやすいニュースが多く出ています。一例を挙げますと以下の通りです。 大阪の飲食店6割「減収7割以上」 ホテルのWBF、民事再生法を申請 関西百貨店の4月売上高7~9割減 また、このような中で、賃料減免要求を行っている企業や、自主的に店舗賃料の減免を発表しているオーナーも見受けられます。

続きを読む

保護中: 賃料増減額交渉の進み方

今回は、賃料増減額交渉の進み方についてまとめます。 賃料増減額交渉の大きな流れ 賃料増減額交渉の究極的な形は訴訟ですが、不動産賃貸借についての争いは『調停前置主義』(訴訟の前に調停をしなければならない)が採られていることから、 民民間での交渉 調停 訴訟 の順で行われることになります。 ちなみに、前の記事で話題にした『賃料増減額請求権』が発生しているか否かは、

続きを読む

保護中: 賃料増減額交渉の前提となる法律知識

本記事は、賃料増減額交渉を行うにあたっての大前提となる法律知識をまとめたものです。 大原則-『私的自治の原則』と『契約自由の原則』 賃料減額請求については、多くの方が『いつでも行えるもの』という認識を持っていらっしゃるかと思います。 しかし日本の法律は、私人間のことは私人間に任せる『私的自治の原則』・よほどひどいものでない限り契約内容は自由に決定できるという『契約自由の原則』のもとに組み

続きを読む