賃料増減額交渉において「従前安すぎた/高すぎた」は何処まで主張しうるのか?

平成26年11月施行の不動産鑑定評価基準の改正によって、鑑定評価における継続賃料の考え方が大きく変わりました。 従前、不動産鑑定業界では、「相場賃料と現行賃料との開差は解消されるべき」という価値観が、(少なくとも私の周りでは)支配的だったわけですが、上記改正によって基準等では私的自治・契約自由の原則がより強調されて、「当初契約が安すぎた等は賃料増減額改定で解消するべきものではない。賃料増減額

続きを読む