rpamap.jpの使い方5:過去の地価公示・地価調査価格を遡る

rpamap.jpの使い方5回目は、かなり新機能である地価公示・地価調査価格の遡り機能です。 ⇒ rpamap.jpへはこちらから(別タブで開きます) rpamap.jpに入られましたら、 GoogleChrome・Firefoxの方はCntl+F5 InternetExplorerの方はF5 キーを押してください。ブラウザがクリーンな状態になり、動きがスムースになります。

続きを読む

rpamap.jpの使い方4:地価公示・地価調査情報のコピペ

rpamap.jpの使い方4回目は、一度環境整備をすると止められなくなる『地価公示・地価調査ポイント情報のコピペ』です。 ⇒ rpamap.jpへはこちらから(別タブで開きます) rpamap.jpに入られましたら、 GoogleChrome・Firefoxの方はCntl+F5 InternetExplorerの方はF5 キーを押してください。ブラウザがクリー

続きを読む

rpamap.jpの使い方3:地価公示・地価調査の検索

rpamap.jpの使い方3回目は、結構便利な地価公示・地価調査ポイントの詳細検索です。 ⇒ rpamap.jpへはこちらから(別タブで開きます) rpamap.jpに入られましたら、 GoogleChrome・Firefoxの方はCntl+F5 InternetExplorerの方はF5 キーを押してください。ブラウザがクリーンな状態になり、動きがスムースに

続きを読む

rpamap.jpの使い方1:対象不動産を概観する

rpamap.jpは、不動産鑑定士の意見を取り入れて、鑑定評価に使いやすいように絶妙にチューニングされたWeb地図です。 ただその分、非常に多機能ですので、使いこなすのに若干のコツが必要です。 そこで何度かに分けて、rpamap.jpの使い方を、順を追って解説していきたいと思います。 対象不動産を概観する まずは、問い合わせ等があった場合に、対象不動産を概観する場面を想定してみます

続きを読む

相続時には、遺留分減殺請求に注意を!

昨今、団塊の世代の方々の相続が多く発生する中で、遺留分減殺請求に関連するご相談が増えてきています。 遺留分は法律上の権利ですので、皆さま遺産分割協議等の中でも一定の配慮はされているはずなのですが、いざ請求されてみると思った以上の額を主張されてびっくりしてご相談にこられる方が多いです。 その原因の一つに、不動産に関しての、相続税申告時の評価と遺留分減殺請求時の評価が違うことが挙げられます

続きを読む

継続賃料評価における預り金的一時金の運用利回りについて

継続賃料評価においては、最終的に支払賃料を求める依頼であったとしても、一度支払賃料を実質賃料に直してから作業を行って行きます。 この中で、直近合意時点と、価格時点の期間が大きく空いていなければ良いのですが、 この期間が大きく空いている場合 一時金の額が大きい場合 には、運用利回りをどのようにすべきか?という問題が生じます。 鑑定士的には、ついつい価格時点の利回りで

続きを読む

一時金と鑑定評価額

貸家及びその敷地(賃貸マンションとかテナントビルとか)の運営に当たっては、敷金・礼金・保証金等の一時金が発生します。 これを価格評価上における収益還元法適用上どのように扱うかということと、売買・決済の際に預かり一時金がどのように取り扱われ、鑑定評価額とどのような関係になるのかは、ちょっとややこしい部分なので、この記事でまとめてみました。 一時金の種類と鑑定評価上の取扱い 一時金には、敷金

続きを読む

43条但書許可制度の廃止と43条2項1号・2号の新設

「建築基準法上の道路への2m以上の接道」を有しない土地(旧の43条本文・現在の43条1項により建物建築が出来ません)に建築を許可する例外規定であった43条但書。 これが、平成30年9月25日より位置づけが変更になりました。 ちょっとややこしいので、これをまとめておきたいと思います。 建築基準法第43条(改正後) 第1項 建築物の敷地は、道路(次に掲げるものを除く。第四十四条第一

続きを読む

賃料増減額請求(継続賃料)における相当期間

賃料増減額請求権の発生要件については、地代について借地借家法第11 条第1 項・家賃については借地借家法第32 条第1 項に以下の通り定められています。 借地借家法第11 条第1 項 借地借家法第32 条第1 項 地代又は土地の借賃(以下この条及び次条において「地代等」という。)が、 土地に対する租税その他の公課の増減により、 土地の価格の上昇若しくは低下

続きを読む