業務内容

不動産鑑定業者である弊社では、不動産鑑定評価書の作成及び、そこから派生する調査報告書の作成を主な業務内容としております。

鑑定評価書

鑑定評価書(簡略に『鑑定書』と言われる場合も多いです)は、不動産鑑定士が、評価対象不動産について、適正な価格(又は賃料)とその価格決定に至った理由をまとめた文書です。

鑑定評価書の作成は、国土交通省の定める『不動産鑑定評価基準』に則って行われ、裁判などでの立証資料・公共用地買収の際の基礎資料等としても使用されるものです。

基本的に、どこに提出しても間違いの無い物ではありますが、

  • 鑑定評価基準等における各種要件を満たす必要があること
  • 証拠力を十分に担保するために、資料収集・文書の作り込みに時間・労力がかかること

により、報酬料も一定の水準となり、使用目的によっては費用対効果の点で疑問が生じる状況となる場合も出てきます。

弊社では、ご利用目的により、成果物のボリューム等・評価報酬に差を設けるとともに、各種『調査報告書』の作成も承ることで、ご依頼者様のニーズにお応えいたします。

⇒弊社発行の鑑定評価書の特徴
⇒鑑定評価報酬(鑑定費用)・納期・手続き等
⇒金融機関融資ご担当者様向け鑑定評価書発行スキーム

調査報告書(意見書)

調査報告書(意見書)とは、鑑定士が、不動産及び不動産市場について、職業専門家としての立場により意見を述べた文書のうち、『不動産鑑定評価書』に当たらないものを指します。

鑑定評価書とは異なり『不動産鑑定評価基準』に則って行われる物では無いことから、証拠力等の観点からは鑑定評価書に劣りますが、

  • 費用対効果の点から鑑定書の取得が難しい場合
  • 対象不動産の確定が困難等で、鑑定評価書の作成が困難な場合
  • 適正価格(賃料)以外の内容について、職業専門家の意見が必要な場合

等には、意見書での対応が有効になる場合が有ります。

弊社が通常業務として発行している意見書には、以下の物が有るほか、ご依頼目的等に応じて、オーダーメイド的な意見書の発行も承っております。

⇒建物の経済的残存耐用年数の判定
⇒係争等の資料としての簡易評価

尚、調査報告書(意見書)に関しましては、弊社と業務提携を行っている鑑定業者とのコラボレーションによる対応になる可能性がございますので、予めご承知おきください。

お問い合わせ

携帯電話からも利用可なフリーダイヤルを用意させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付時間は、土・日・祝日を除く9:30 – 18:30となります。
メールでのお問合せはinfo@usui-rea.com(受付は365日・24時間)まで。

コメントは受け付けていません。