係争用の簡易評価書(調査報告書)

査定書以上・鑑定書未満の調査報告書

係争の場面において、価格自体が主要な争点では無いことから、不動産鑑定評価書を取る必要性は無いものの、宅建業者による査定書では心許ない、という状況も有ろうかと存じます。

これに対応し、弊社では調査方法・記載等を簡略化しながらも、不動産鑑定士として立場から適正価格を表示した調査報告書をご用意させて頂いております。

鑑定評価書との違い

まず、調査報告書の冒頭には、「鑑定評価を行った場合と、結果が異なる場合が有る」旨明記されます(これにより、係争等における証拠力は、鑑定書と比して劣りますので、予めご承知おき下さい)。

評価手法等に関しては、原則、価格形成過程に最も適合的な1手法のみに限定させて頂きますし、成果物への記載も簡易なものになります。

現地調査に関しては、建物内部への立入りを行わない外観調査のみとなります。

また、土壌汚染の可能性・埋蔵文化財及び地下埋設物の有無・建物にかかる有害物質使用可能性に関しては、考慮外として価格査定を行い、宅建業者による査定書が存する場合は公法規制調査を省略いたします。

調査が可能な物件

大阪府下に存する
・固定資産税評価額5千万円以下の居住用不動産(戸建住宅・分譲マンションの一室)
・固定資産税評価額3億円以下の収益用不動産(事務所ビル・賃貸マンション・底地等)
を対象とします。

更地については、小規模なもの(戸建住宅敷地)は対応させて頂きますが、開発素地等については、開発図面が必要になりますので対象外とさせて頂きます。

報酬料(費用)

費用に関しては、以下の通りです(宅建業者による査定書の有無で公法規制調査を行うか否かが変わってきますので、これにより料金の差を設けております)。

居住用不動産(戸建住宅・分譲マンションの一室)及び小規模更地(戸建住宅敷地)

査定表有り 査定表無し
大阪市内中心6区 4万円+税 5万円+税
上記以外の大阪市内 4.5万円+税 5.5万円+税
堺市・吹田市・八尾市・柏原市内 5万円+税 6万円+税
上記以外の大阪府下 6万円+税 7万円+税

・大阪市内中心六区は、北区・中央区・西区・浪速区・阿倍野区・天王寺区です。
・近時の登記簿等が存しない場合は上記+取得費用の実費を請求させて頂きます。

収益用不動産(事務所ビル・賃貸マンション・底地等)

査定表有り 査定表無し
大阪市内中心6区 9万円+税 10万円+税
上記以外の大阪市内 9.5万円+税 10.5万円+税
堺市・吹田市・八尾市・柏原市内 10万円+税 11万円+税
上記以外の大阪府下 11万円+税 12万円+税

・大阪市内中心六区は、北区・中央区・西区・浪速区・阿倍野区・天王寺区です。
・近時の登記簿等が存しない場合は上記+取得費用の実費を請求させて頂きます。

尚、本件調査報告書に関しましては、弊社と業務提携を行っている鑑定業者とのコラボレーションによる対応になる可能性がございますので、予めご承知おきください。

お問い合わせ

携帯電話からも利用可なフリーダイヤルを用意させていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付時間は、土・日・祝日を除く9:30 – 18:30となります。
メールでのお問合せはinfo@usui-rea.com(受付は365日・24時間)まで。

コメントは受け付けていません。